Trimming Salon PREMO

トリミングサロンopenと犬関連について書きます。

お家でのシャンプーのやり方

今日はご自宅でシャンプーするときのポイントを書いていきます。

 

まず最初に、いきなりシャンプーするのではなく、テーブルにわんちゃんを乗せてブラッシングします。

 

床だとわんちゃんは好きな場所へ行ってしまうので、ローテーブルで大丈夫なので高さのあるテーブルを用意したほうがやりやすいと思います。

 

シャンプー前のブラッシングは重要で、ブラッシングしてからシャンプーすることで被毛一本一本や皮膚の汚れが落ちやすくなるのでぜひやってみてください。

 

シャンプーに使うものは、お好きなシャンプー剤とコンディショナー、泡立てネットに洗面器です。

f:id:premo_dog:20210427235323j:plain

脂が多い子はできたら最初に皮脂を落とすシャンプー(優しいクレンジングシャンプーがいいです)で予洗いしてあげると次のシャンプー剤とコンディショナー剤が入りやすいですが、こまめにトリミングサロンに行かれてるわんちゃんはしっかり洗う必要もないと思うので、一回シャンプーで大丈夫です☺️

 

わんちゃんが濡れている状態を最短にしたいので、わんちゃんを濡らす前に洗面器の中でシャンプーを泡立てます。

 

それからわんちゃんを37〜38度のお湯でしっかり濡らします。

 

シャワーの音や刺激にびっくりしてしまうので、シャワー口をタオルや手で覆いながらかけてあげると怖くないかなと思います。

お顔を濡らすときはスポンジなどにお湯を含ませてゆっくり濡らしてあげます。

※身体が冷えないように、お顔→身体の順番で濡らします

f:id:premo_dog:20210428000809j:plain

そして泡を皮膚に馴染ませながらやさしくもみ洗いします。

 

足先とお耳は脂が残りやすいので忘れずに洗いましょう✨

 

シャンプーが終わって流したらコンディショナーです。

 

市販のコンディショナーを原液でかけると皮膚に残ってしまうので薄めて使います。

使用法には5〜10倍に薄めると書いてあることが多いのですが、私は洗面器1/2に対してティースプーン2杯くらいのコンディショナー剤を入れます。

 

お湯とコンディショナーがしっかりと混ざったら、わんちゃんにゆっくりかけます。

 

コンディショナーは皮膚に残るとよくないので、しっかりすすいであげてください。

 

それからバスタオルでしっかり水分を取ってあげます。(この時に最初にブラッシングした時のテーブルにわんちゃんを乗せます)

タオルドライで水分が取れた分だけドライヤー時間を短縮できるので、擦らず優しくしっかり拭いてください。

f:id:premo_dog:20210428002234j:plain

そのあとにドライヤーです。

※熱風になってしまう場合は遠くからかけてあげてください。50〜60度の温風が理想です

 

スリッカーで根元からとかしながら乾かしますが、力が入ると皮膚を傷つけてしまうので優しくとかしながらドライヤーを当てます。

 

皮膚が弱い子はスリッカーではなくブラシを使ってあげてください☺️

 

私がトリマー学生の時はエプロンにドライヤーの取っ手を胸元に引っ掛けて左手でわんちゃんに触れて右手でとかしていました。

 

意外とまだ湿ってる事が多いと思うので(トリマーになる前の私です😢)、

乾いたかなと思ったら全体的にもう一度仕上げにドライヤーをかけて終わりです。

 

 

トリマーである私も、自宅でシャンプーは大変なのでみなさん大変だと思います。

愛犬とのコミュニケーションに繋がる時間にはなりますが、

わんちゃんも飼い主様も無理しないでくださいね🍀

 

わからない事や知りたい事がありましたらコメントください☺️